第22回ふるさと歌自慢決勝大会

29名の門下生が、琉球民謡協会主催の「ふるさと歌自慢決勝大会」にエントリーしました。

 

優勝:石嶺愛莉(いしみねあいり)さん(県立芸術大学一年)

ご本人のコメント

「受賞したことが信じられない。
息の長さを保ちながら、聴いている皆さんに良い心地で聴いてもらえるよう歌った。
これからも、好きな三線を続けていきたい」

 

準優勝:譜久原律紀(ふくはらりつき)さん
 民謡グループ「美童(みやらび)フェーヌナー」として、ラジオ沖縄の新唄大賞で、優勝した経験のある、若手実力派。

ご本人のコメント

「三線を初めて13年になる。
実力を試したかった」

 

特別賞:池原輝飛(いけはらてるたか)君(西原町立坂田小学校六年)

最年少で特別賞を受賞。
先日町内で開催された「梅の香り大会」でも優勝したホープ。
ご本人のコメント

「これからもいろんな賞をとりたい」

優勝した石嶺愛莉さんと、特別賞の池原輝飛さんは、西浜陽子先生のお弟子さんです。